ワードの写真やイラストを移動する

こんにちは、神奈川県大磯町のおうち教室、内藤パソコン教室です。

ワードに貼り付けた写真やイラストが移動できないのはナゼ?
ワードでは写真やイラストを挿入すると、初期値では文字の折り返しが「行内」になっているからです。
ドラッグで自由に動かすには、文字列の折り返しを行内以外の設定にすればOK。

まずは、移動したい画像をクリックします。

1

[書式]タブ→[文字列の折り返し]→[前面]をクリックします。

2

ドラッグで自由に移動できます。

3

「文字列の折り返し 行内」って、なんなんだ?と思う人も多いはず。
エクセルでは、文字列の折り返しを変更しなくてもドラッグで移動できます。
そもそもエクセルには「文字列の折り返し」なんて機能はないのです。

「行内」は画像も文字と同じ扱いだよ、という解釈です。文字の配置は、通常ドラッグで移動しませんよね。
[中央揃え]ボタンや[右揃え]ボタンなどで行内の配置をします。(そう、行内!)
[中央揃え]ボタンでは、中央に配置。

4

画像と同じ行内に文字が入力されていれば、文字も含めて中央に配置されます。
(行内以外の設定では、[中央揃え]などのボタンは使えません)

5

行内以外の設定を確認しましょう。
まずは「四角」
画像を四角く囲むように文字が折り返されます。画像と文字が重なることはありません。

6

「外周」
写真だと四角と同じ結果になりますが、別の画像で外周にすると、画像の輪郭に沿って文字が折り返されます。

7

「背面」
画像が文字の背面に配置され、画像と文字が重なります。画像を移動しても、文字の折り返しがかわることはありません。

8

「前面」
画像が文字の前面に配置され、画像と文字が重なります。背面同様、画像を移動しても文字の折り返しがかわることはありません。

9
「上下」
画像の上下に文字が配置されます。「四角」では左右に文字が折り返されますが、「上下」では画像の左右に文字が折り返されることはありません。

10

「内部」
外周と似ていますが、[折り返し点の編集]を行うことで、図の内部にも文字を回り込ませることができます。画像によってできたりできなかったりします。
ということで、資料を作る時画像を貼り付ける領域にあらかじめ空白を作っている場合は「前面」
画像の配置によって文字を回り込ませたい時に「四角」「外周」「上下」にするといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です