ぽち袋の作り方

こんにちは、神奈川県大磯町のおうち教室、内藤パソコン教室です。

ワードでぽち袋(お年玉袋)を作ります。テンプレートにはあらかじめデザインされたものがあり印刷して組み立てると簡単に作れます。 テンプレートのデザインを削除して好みのデザインで作ってみましょう。

用意するもの

A4コピー用紙
カッター、はさみ、のりなど

テンプレートで新規作成

ワードを起動し[Office]ボタン→[新規作成]をクリックします。

テンプレートから[封筒]→[お年玉袋(水引き2)]を選び、[ダウンロード]ボタンをクリックします。

ぽち袋が表示されます。このまま印刷すればぽち袋ができますが、デザインを削除してオリジナルデザインを設定しましょう。

デザインを削除する

ぽち袋の点線部分をクリックします。うまく選択できるとぽち袋の周囲にハンドルが表示されます。

[書式タブ]→[グループ化]→[グループ化解除]をクリックします。

図形のグループ化が解除され、図形1つ1つを編集できるようになります。

文書内をクリックしハンドルを解除します。

「お年玉」「水引」「赤い三角」を削除します。「お年玉」をクリックし、さらに周囲の枠線部分をクリックします。

枠線が消えてハンドルだけの状態になったらDeleteキーで削除します。

「水引き」をクリックしDeleteキーで削除します。同様に「赤い三角形」も削除します。

「赤の台形」は塗りつぶしの色をなしにします。「赤の台形」をクリックします。

[書式]タブ→[図形の塗りつぶし]→[塗りつぶしなし]をクリックします。

白紙のぽち袋ができました。

ぽち袋は四角形や台形を組み合わせて作成しています。それぞれの図形がバラバラにならないようにグループ化します。[ホーム]タブ→[選択]→[オブジェクトの選択]をクリックします。

図形をすべて囲むように、左上から右下に向かってドラッグします。

すべての図形にハンドルが付いて、すべて選択したことになります。

[書式]タブ→[グループ化]→[再グループ化]をクリックします。

1つの図形にグループ化できました。

図形を挿入する

ぽち袋にデザインをします。小さいハートをちりばめたデザインにしましょう。[挿入]タブ→[図形]→[ハート]をクリックします。

ハートを描きたい位置にドラッグします。Shiftキーを押しながらドラッグすると縦横の比率が整ったハートを描けます。

ハートに色を付けて線の色をなしにします。[書式]タブ→[図形の塗りつぶし]から色を選択、[図形の枠線]から線なしを選択します。

図形をコピーする

ハートをコピーします。Ctrlキーを押しながらドラッグでコピーです。Shiftキー+Ctrlキーを押しながらドラッグすると、水平にコピーできます。

等間隔にハートを整列しましょう。描いたハートを選択します。最初の1つをクリックで選択し、2つ目以降の図形をShiftキーを押しながらクリックします。

[書式]タブ→[配置]→[左右に整列]をクリックします。

キレイに整列できました。

作ったハートをすべて選択した状態でCtrlキー+Shiftキーを押しながら下方向へドラッグすると 一度にたくさんコピーできますね。

写真を挿入する

写真を挿入します。[挿入]タブ→[図]をクリックし挿入したい写真を選び、[挿入]ボタンをクリックします。

写真左下のハンドルをドラッグして、画像をハートと同じくらいのサイズに縮小します。

写真を移動できるように文字列の折り返しを設定します。写真を選択し[書式]タブ→[文字列の折り返し]→[前面]をクリックします。

ハートの画像を削除し、写真を移動します。削除したいハートをクリックしDeleteキーを押します。

ハートを削除した場所に写真を移動します。

Ctrlキーを押しながらドラッグするとコピーできます。

プリントして、カットして、糊づけしたらできあがり♪